きらきらメンタルブログ

PTSDと適応障害からのV字回復

不安障害(PTSD)、適応障害からの回復までの道③

おはようございます🍀

 

こんにちは✨

 

こんばんわ🌙

 

最近寒くなってきましたね(;´∀`)

 

新しく買った上着を着れて嬉しい みこ です♪

 

 

はい、では前回からのつづきです(о´∀`о)

 

www.kirakira-mentaru.com

 

 

 

今回で回復への道のり編はひとまず、終わります(;´∀`)

 

 

 

 

暴露療法をしていくなかで、私自身「もう一歩」踏み出したくなりました。

 

友人に 「護身術でも習ってみたら?」 と背中を押されたのもあり、前々から気になっていた 護身術 を受ける事になったのですヾ(´▽`*)ゝ

 

 

トレーナーさんに事情を話し入会しました。 私にとって男性と向き合い、攻撃を受ける事は とてもしんどい 事でした。

 

それはもう、修行でした笑

 

トラウマと向き合う日々。

 

でも徐々に視界がクリアになっていく感覚。

 

頑張った分、自信に繋がっていきます。

 

 

「そろそろ、心の仕上げをしても良いかも?」 ふと、直感的に思いました。

 

思いたったら、すぐ行動。

 

もう二度と行く事はないだろう。と決めていた被害にあった事件現場に足を運びました。

 

激しい動悸。

 

視界がまたボヤけそうになります。

 

「大丈夫、今の私なら。」

 

「無理はしない。」

 

「自分の心が嫌だ。と感じたら引き返す。」

 

事件現場に着き、何度も何度も当時の記憶を 反すう させます。

 

自分の気が済むまで。。。。

 

 

「長かった、長かったよ。 ここまでくるのに。」

 

心が震えました。

 

帰りの電車に揺られながら、心は晴れやかでした。

 

「こんなにクリアな景色は久しぶり。」

 

「頑張ったね。」

 

「すごい。よくやったよ、偉い。」

 

自分をたくさん褒めてあげた日でした。

 

カウンセラーさんは私のとった行動にとても驚いてました。

 

クリニックに行くまでが8年。

 

不安障害(PTSD)が回復するまでが通い始めてから1年と半年。

 

PTSDが回復したと喜びに浸る間もなく、やってきた幼少期のトラウマ問題。

 

その後の適応障害が回復するまでが1年と半年。

 

 

治したい、克服したい。

 

強い気持ちと覚悟が必要でした。

 

治った、克服した。 というよりは、考え方を変えました。

 

 

今でも苦手な事は苦手です。

 

自分の心との付き合い方を変えました。

 

自分を自分で愛すること。

 

考え方を変える勇気と柔軟性。

 

自己責任と覚悟。

 

自分にも相手にも期待はしない。

 

ただ、受け入れる。

 

そのまま、ただ受け入れる。

 

 

 

嫌な事に向き合うと反動がきます

 

頑張った反動で寝込んで何もできなくなった時もありました。

 

加減が分からず、向き合い過ぎて死にたくなった時もありました。

 

次第に頑張る「さじ加減」を覚えました。

 

自分を知ること。

 

自分はどんな状況が辛いと感じるのか。

 

どこまでなら今の自分は やれそうか。

 

 

辛い時  「誰か私の気持ちを分かってほしい」  「理解してほしい」

 

そんな気持ちに支配されていました。

 

今は、「自分が分かってあげていれば良い」と思ってます。

 

それは孤独ではなく、覚悟です。

 

本を読んで響いた言葉があります。

 

聖なる場所と書いて 「聖所」

 

何人も立ち入れられない、私だけの聖所が心にあります。

 

とても清く、天国のような場所。

 

私だけの大切な場所です。 私を癒してくれる場所です。

 

そこで自分の苦しみを癒しました。

 

被害にあった事と育ってきた環境。

 

それによって私自身が不幸になるのとは別の問題です。

 

考え、行動する。

 

自分に起きた事を自分で考え、行動した結果が今の人生です。

 

数ある枝分かれした道を選択してきたのは自分自身です。

 

誰のせいでもありません。

 

知る事の大切さを学びました。

 

心療内科がどういう所かを知っていたら。

自分で調べていたら。

 

もっと早く回復していたかもしれません。

 

でも、良いのです。 それが当時の私だったから。

 

過去を受け入れます。

 

 

人は経験する事を学びに生まれてくると思っています。

 

これからも、山あり谷ありな人生を楽しんで生きていこう。

 

たくさん、失敗もするでしょう。

 

あの苦しんだ経験に今は感謝すらしてます。

 

当たり前に過ごせる日常が、当たり前ではない事を知りました。

 

 

「苦しいのはあなただけじゃない。」

 

「あなたより苦しんでいる人はたくさんいる。」

 

そんな事を母に言われました。

 

本人が苦しんでいたら、苦しい。

 

本人の傷は本人の傷。

 

他人と比べることに意味はありません。

 

そのまま受け入れます。

 

感情や苦しみは人それぞれだけれども、寄り添える事を学びました。

 

一歩、一歩、自分の歩幅で生きて行く。

 

自分自身を愛してあげて、愛の充電をたくさんしてあげる。

 

 

人は利益のためだけには、立ち上がれません。

 

まずは、自分を愛してあげる。 そこからが スタート だと思ってます。

f:id:lovemiko:20191017144455j:plain

今は穏やかに一歩、一歩生きています♪ 

 

 

 

それでは、また。

 

 

愛を込めて。