きらきらメンタルブログ

PTSDと適応障害からのV字回復

不安障害(PTSD)、適応障害からの回復までの道②

おはようございます✨

 

こんにちは!

 

こんばんわ🌙

 

プライベートを忙しくさせ過ぎて少し肌荒れしてしまいました みこ です(о´∀`о)

 

ついつい、私の気質的に動いてしまいます(。>д<)

 

バランス本当に大切ですよね、お肌の状態で自分の体調に気づける時もあります♪

 

 

はい!では さっそく 回復までの道のりパート② いかせて頂きます(;´∀`)

 

 

www.kirakira-mentaru.com

 

前回からのつづきですね。

 

クリニックにやっと行く事になり、カウンセリングをしていくことになりました。

 

ここまでくるのが、、、長かった~(。´Д⊂)

 

クリニックに通っていた時の私の心構え。

 

先生やカウンセラーさんはあくまでも、サポート役。

 

自分の自己治癒力で回復していきます。

 

治すのは自分の力でした。

 

 

カウンセラーさんに後に言われたこと。

 

「最初に みこさんと話した時

 

自分の置かれている状況が分かっていて

 

頭の良い人だな。って思いました。

 

こっちが1言った事を理解してくれて、10ぐらいのパワーで実行してきてくれる。

 

だから回復が早かった。」

 

いやー、書くのをためらうほど過大評価してくれました(о´∀`о)

私、ほぼ中卒ですし。

 

 

そんな私ですが、カウンセリングに行く時には 「何か一つは得て帰る」 とだけ決めてました。

 

自分が話すこと、聞きたいこと。を決めてからカウンセリングに行ってました。

 

お互いに貴重な時間を使い、お金も使うわけです。

 

そして何より回復したかった。

 

それはもう、真剣でした。

 

何回か通ってみて、合わなそうだったらクリニックを変えよう。

 

先生やカウンセラーさんの言っている事に納得できなかったとしても

 

「一度は、やってみる」

 

なぜなら、向こうは プロ だから。

 

自己責任で信じて、「やってみる。」

 

ただ、先生やカウンセラーさんの人間性にも期待しない。

 

メンタル心理の知識を持ったプロ。

 

それ以外は普通の人。

 

怒りもするし、時には涙も流し、感動もする心を持った普通の人です。

 

知識はあっても神様のように人の心を覗く事など、できません。

 

過度な期待はしませんでした。

 

依存もせず、信頼して相談できるちょうど良い距離感の相手です。

 

私にとって、自分の心理状態を深く相談できる場所ができた事が救いでした。

 

 

 

 

相談できる安心感から、トラウマ対象の男性も居る工場で働きに出てみました。

無理だったらすぐ辞めてしまおう。という気持ちでいました。

 

 

 

 

最初は、もう一進一退。 男性の上司に

 

「実はPTSDにかかってます。 それが原因で体調を崩してしまう事もあるかもしれません。 なるべく、迷惑かけないようにやっていくので宜しくお願いします。」

 

例え理解されなくても、伝えてみる。

 

プライドや恥ずかしい気持ちもありました。

 

でも、それ以上に私は回復したかった。

 

 

強く願う気持ちが私を動かしました。

 

 

好きでもない仕事のうえに、トラウマ対象と向き合う日々。

 

お酒で乱れる感情を誤魔化しながら。

 

ストレスの反動で動けなくなる時もありました。

 

 

 

そんな日々を繰り返し、少しずつ、少しずつ慣れてきました。

 

 

ある日、私の状態を見て

 

「道行く男性の手もとを しっかり 見て。」

 

 

とカウンセラーさんに言われました。

 

 

この頃の私は 外ですれ違う男性が刃物を持っているように感じてしまう。時には刃物を持っているように見える→

 

そんな恐怖は堪えられないし、外を歩く事すらできなくなるので自分の感情を切離す→

 

 

視界、頭にモヤがかかった状態になるので、直視しなくて済む状態になります。

 

解離症状です。

 

 

 

この状態で10年近く過ごしていました。

 

 

ずっと手もとを見る事を避けてました。

 

すれ違う男性を見ないようにしてました。

 

なぜなら、怖いから。

 

少し耐性のついた、この時の私なら、ちゃんと見れる。

 

そう判断してくれたのでしょう。

 

手もとをしっかり見てみる。

 

ちゃんと見る。

 

 

そんな事を繰り返していくうちに、恐怖心が和らいでいきました。

 

心の変化をカウンセラーさんに伝えると

 

「種明かしをしましょう。 なぁんだ、大丈夫じゃん。と心に思わせる方法です。 暴露療法と言います。」

 

 

 

暴露療法(エクスポージャ法)

 

安全な状況でトラウマ対象に向き合わせる行動療法です。

 

徐々に慣れさせる方法です。

 

対人恐怖症、トラウマを抱えてる人に対して有効的な療法です。

 

専門家の元で体調を相談しながら実行する事をオススメします。

 

 

コミュニケーション力を身につけたい方でしたら、店員さんからお釣を受け取る時に 「ありがとうございます。」 と言う習慣をつけて下さい。

 

まずは人との会話に慣れます。

 

店員さん相手なら傷つく事もまず、ないからです。

 

慣れてきたら、レベルを上げて一言会話してみる。

 

ご飯屋さんなら

 

「美味しかったです」

 

「オススメは何ですか?」

 

徐々に人との会話に慣れさせていきます。

 

私は習慣にしてます♪

 

www.kirakira-mentaru.com

 

 

行動したら人生は変わります。

 

 

運命を変えてみませんか?(*´ω`*)

 

最後、脱線しましたが回復までの道のり。

 

また書けたらと思います♪

 

それでは、また。

 

愛を込めて。