きらきらメンタルブログ

PTSDと適応障害からのV字回復

緊張はするものです

おはようございます✨

こんにちは🍀

こんばんわ🌙

 

神社の空気に癒されまくっている みこ ですヾ(´▽`*)ゝ

週に1~3回は参拝してます(*´ω`*)

 

人前で話す。プレゼンする。 緊張しませんか?

私はします。キリっ( ・`д・´)

手が多汗症になり、指先が震えたり、冷たくなったりします(о´∀`о)

 

The 交感神経優位 状態です。

 

以前、カウンセラーさんに聞いてみた事があるのです。

「緊張をしないようにするには、どうしたら良いですか?」

 

PTSDから適応障害になっていた私は子どもの学校での懇談会で、保護者に向けて「うちの息子は家ではこうで~」と話すのが苦痛でした。(;´∀`)

 

「緊張は悪い事ではないですよ。して当たり前です。楽しむ。緊張を楽しんでみたらどうですか?」

 

 

えーーー、、、分かりましたぁ。 もう、こんな気分です。 正直がっかりしました笑。 カウンセラーさん、ごめんなさい。 今はしっかり、受け入れてます(;´∀`)

 

私、「よく見られたい」って意識が高かったんです。 プライドですね。 はい、つまらないプライドです。笑

 

よく慣れだよ、慣れ。と言う人もいますね。 実はこれ、本当に慣れなんです。

 

あの堂々と素晴らしいプレゼン力で有名な、スティーブ・ジョブズ でさえ最初は緊張してたはずです。

何度も繰り返し、失敗、試行錯誤を重ねた結果の心に響きまくりスピーチになったと思います。

 

実際、コーチングを職業としている人が言ってたのですが 「小さい声でゴモゴモ喋ると人は聞こうとして、前のめりになって耳を傾けるのね。そうなると、その空気を感じて余計に緊張するから。」

 

確かに。。確かに!耳傾けちゃいます。

 

 

あとは、練習と経験の積み重ねです。

本当は聞いてくれる相手がいたら良いのですが、家で一人でも本番を想定して実際に声に出して練習するのが良いです。

 

仕事だって最初の頃と慣れてきた頃ではパフォーマンス力は違うはずです。 最初はできなくて当たり前。練習あるのみです。

 

もし、うまくいかなかった。としても「この経験を生かして、次に繋げよう!」 で良いのです。

人は失敗から学びます。 失敗しない人なんていません。

成長過程で必要な事です(о´∀`о)

 

心の切り替えも大切ですね。

 

うまくやろう。とするよりかは、楽しむ。

アスリートやミュージシャンも緊張を楽しむ。と表現してる方は多いです。

みんな緊張するんです。

 

もし憧れの有名な人物がいたら、その人の伝記を読むのをオススメします。

だいたい、失敗エピソードが書かれています。

 

誰しも失敗から、学んでいる事が分かります。

 

以前に紹介した記事 「私の幸せを呼ぶ習慣」をする事によって、人前でのパフォーマンス力が変わってきました。小さな事からコツコツと。

www.kirakira-mentaru.com

 

知らない人との会話(ありがとうございます。を言うだけ。)に慣れる事によって、私は懇談会での人前程度でしたら緊張せずに話せるようになりました。

 

100人の前でいきなり話せ。と言われたら緊張しまくりますが(*´ω`*)

当たり前ですね、慣れてないのと練習不足です。

 

そんな私ですが、来年にちょっとしたホールでPTA代表としてプレゼンが控えてます(^-^) もう、練習あるのみです。

 

ボディランゲージとパッションで乗り切るのもありかな?なんて考えてます笑

 

それでは、また。

 

愛を込めて。